技の種

October 12, 2017

KURPの目的の一つに、陶芸家と輪島塗職人がコラボレーションする事で

新しい技術の発見、発展を模索する。というのがあります。

 

金継ぎで、割れた様々な陶片を一つにする「呼び継ぎ」。

最初に出来上がった作品「繕桜」は、そこへ更に輪島塗のピースが加えられることで

熊本と輪島を繋ぐ、プロジェクトを象徴する作品が出来上がりました。

 

そして現在制作中の3作品の中の一つ、「茶入れ」に

「焼き継ぎ」と呼ばれる技術が使われています。

茶入れの内側全体に漆を塗り、更に電気釜で漆を焼き付けることによって

作品の強度を上げるのが狙いです。

 

内側全体に漆を塗って面をフラットにすることにより、

割れたヒビの部分にお抹茶の粉が溜まるのを防ぎ、

漆の殺菌効果によりお抹茶をフレッシュな状態で保てます。

正に用の美ではないでしょうか!

 

KURPから色々なアイデアが生まれて、今後更に発展していくと嬉しいです。

 

KURP代表 太田黒哲

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

June 1, 2018

May 13, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索