October 12, 2017

KURPの目的の一つに、陶芸家と輪島塗職人がコラボレーションする事で

新しい技術の発見、発展を模索する。というのがあります。

金継ぎで、割れた様々な陶片を一つにする「呼び継ぎ」。

最初に出来上がった作品「繕桜」は、そこへ更に輪島塗のピースが加えられることで

熊本と輪島を繋ぐ、プロジェクトを象徴する作品が出来上がりました。

そして現在制作中の3作品の中の一つ、「茶入れ」に

「焼き継ぎ」と呼ばれる技術が使われています。

茶入れの内側全体に漆を塗り、更に電気釜で漆を焼き付けることによって

作品の強度を上げるのが狙いです。

内側全体に漆を塗って面をフラットに...

Please reload

最新記事

June 1, 2018

May 13, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

© KUMAMOTO UTSUWA REBORN PROJECT